一度win10にアップデートしたPCは使えるの

スポンサーリンク

こんにちわスピカです

Windows7以降の旧バージョンからWindows10へアップデートできる期間は公式には既に過ぎています。

ただ、そのときにWindows10にアップグレードしたのち使いづらいからとかの理由でまた旧バージョンに戻した人も結構いたと聞いている。

そして時は流れてWindows7も2020年にサポート期間が切れます。

一度はwindows10にしているがwindows7に戻してからしばらく経つ、もしかするとライセンスが切れてしまっているかも・・・

アップグレード認証

結構こういう人が多いのではないだろうか。

実はWindows10に一度でもアップグレードしているPCならマイクロソフトのライセンスサーバーにて登録されているため心配はない。

そのためWindows10に新規インストールしたとしても間違いなく認証される。

またアップグレードしたのを既に忘れていて記憶があいまいだった場合も試しにアップグレードしてみるといいでしょう。

一度もアップグレードしていないPCは

本来ならアップグレード期間中にしておくべきだったがさまざまな理由でしない間にアップグレード期間が過ぎてしまった。

なんていう人も結構多いはず。

実は今でも十分間に合うのだ。マイクロソフトは公式には2016年7月29日をもってアップグレード期間は終了しているが・・

アップグレードは今でも可能だ。ただ公式には既に終了しており、いつ何時終了させてしまっても不思議ではない。

できれば一刻でもはやく

そういった意味では一刻でも早くWindows10にアップグレードしておくに越したことはないと思います。

Windows7以降のプロダクトIDがあれば

Windows7以降のプロダクトIDをもっていれば基本新規インストールは可能です。

ただOEMライセンスはどうやら不可能のようで私が試した限りではシステム領域がまっさらな状態からWindows7のOEMIDを使ってはできなかった。OEMの場合、Windows10へアップグレードできるのはHDD内に認証されたWindows7がインストールされた状態でないと無理でした。


基本、使っているシステムからのアップグレードは今も問題ないため。繰り返しになりますが。早めもアップグレードをしておきましょう。

Windows10のISOダウンロード先は

自動アップデートができる状態なら

 

Windows7より前のバージョンはどうしたら・・

Windows7より前のVistaやXPだったら、OS自体を新たに購入するよりもハードウェアごと買い替えたほうが賢明です。

なぜなら、Windows10にアップデートしたとしてもついているハードウェアのドライバソフトが対応していない場合があります。

一般的な機器、例えばDVDドライブ等だったら汎用ドライバで動く見込みがありますが、メーカー製PCの場合、そのメーカーが付属させているドライバがすでにサポート外になっている可能性が大です。

そういった意味でも新しいPCに買い替えるのがBESTと言えます。

じゃあ、どんなPCがええかのお

NECや富士通などかつてPC業界で謳歌していたメーカーは今は既に下火状態、そのため初心者用、中級者用、上級者用みたいな感じでPCの差別化をしているところが多い。

初心者PCだとCPUはまだしもRAM4GBなんて代物が平気で売られている。

現状Windows10での使用ではすでにOS自体が64ビット化されており、OS自体だけでもほぼ4GBは消費しきる状態。

そのため初心者PCとはいえメモリは8GBは欲しいところ。これはWindows10を使う上での現状最低限のスペックと言ってもよい。

インターネットだけを目的としたPCでもRAM8GB以上搭載したものを私は推奨します。

CPUについては動画編集を主にしないかぎりあまり高速なものは必要ないと思っています。そのかわり動画編集を目的とするなら上級者向けパソコンを推奨しますね。

この場合、最低ラインが20万円以上と高額となる可能性があります。

インターネットやオフィス系ソフトの利用程度なら6万円程度のRAM8GB搭載しているものを選べばまず失敗しないと思います。

スポンサーリンク
読んで役にたってもたたなくてもポチってね

読んで役にたってもたたなくてもポチってね(^^♪。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加