Windows10においてF8キーを有効化できるってほんと?

スポンサーリンク

こんにちわスピカです。

Windows10ってパソコン立ち上げ時にF8キーを押してもまず、ブートオプション画面に入れません。

もしセーフモードやテストモードに入りたい場合、一旦Windowsを起動したのち、回復メニュー等から次回ブートオプションが起動できるよう設定してからでないと入れないようになってしまった。

これって実は便利なようで結構不便。

これを解消する方法はないかと漁っていたところ有力情報に巡り合ったのでちょっと備忘録方々書いていきます。

セーフモード等起動オプションの表示虎の巻

実は、あるおまじない(コマンド実行)をすることで、実はブートオプションの画面をWindows7以前と同じように出すことが可能です。

そのおまじないとは

bcdedit /set {default} bootmenupolicy legacy

やり方は

コマンドプロンプトPowershell管理者権限で起動させる

そこに上記のコマンドをコピペするか打ち込む。

これで次回起動の際「F8」キーを連打すれば、あの懐かしいブートメニューが起動される。しかも起動速度もほとんど変わらない。

私としてはこのF8キーのブートオプションは常に有効にしておいてもよいのではないかと思うくらいである。

現在の設定を知りたければ

もし現在の設定がブートオプションが有効か無効かを確認したければ下記のコマンドを実行する

bcdedit | findstr “bootmenupolicy”

stanndard」と出ればブートオプションが無効化されている。

legacy」と出ればブートオプションが有効化されている。

現在有効化されていて無効化したい場合は

もしブートオプションが有効になっていて無効化したい場合は下記のコマンドを実行することで無効化できる。

bcdedit /set {default} bootmenupolicy standard

総 評

bcdeditコマンドとはBCD(Boot Configuration Data)、所謂ブート構成データの略。

これを駆使することでWindowsの起動に対する仕様を変更することができるコマンド群である。

使い方次第では他OSとのマルチブートやデュアルブートの構成も作成可能です。

bcdedit についてもっと知りたい方はこちらのサイトが参考になると思います。

今回はWindows7までF8連打で利用できたセーフモードや未著名モードなどを起動選択できるメニューに初回起動時に表示できないのはめんどっちいなと感じていましたが、この手法を利用することで昔ながらのセーフモードへ入る手段ができるようになりました。

いや、便利、便利・・・

スポンサーリンク
読んで役にたってもたたなくてもポチってね

読んで役にたってもたたなくてもポチってね(^^♪。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加