今度のMicrosoft Flight Simulatorは本当にすごい!

最初のフライトシミュレーターから40年

1979年1月にApple II用に開発されたのが最初のバージョンである。あれから40年あまりが過ぎた。

そして2006年にFlight Simulator Xを最後にマイクロソフトフライトシミュレーター開発部が解散となったのは良く知られていたと思う。

知らない間に最新作が

そんなFlight Simulator Xはテクスチャもそれなりにきれいでまあまあ満足のいく仕上がりだったのを覚えている。だがそこで開発もストップとなり次作が出る予定もなく終わったと思えた。

ところが先日フライトシミュレーターをYoutubeで検索をかけたところなんと見知らぬタイトルがあるではないか

Microsoft Flight Simulator

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

想像を絶する描画

とりあえずトレーラーを見てみたところそこには自分にとって理想的な空間が映し出されていた。

私はMicrosoft Flight Simulator95から始めたが当時のテクスチャはお世辞にもよいとは言えない。ただ操縦技術のマスタリングのためみたいな感じだった。

もし映し出される景観が実物と差がなかったらさぞややりがいのあるゲームだろうと思った次第だ。

バージョンが上がるたびにテクスチャがきれいに

Microsoft Flight Simulator95から98を経て2002、そしてXへと進化していく過程でより精細にそして鮮明に景色が映し出されていた。

そしてコックピットの操作パネルもより実機に近いかたちで進化を遂げていたのを覚えている。

優雅に遊覧

私はランディングなどの技術系も面白いと思うがやはり空からの遊覧がなんとも好きである。そのため始めたころのシミュレーターははっきり言えばがっかりに近いものがあった。

だが今度のMicrosoft Flight Simulatorはマイクロソフトが気合を入れて投入しようとしているのがトレーラーからわかる。

そこには自分が理想としたフライトシムの世界があった。

ペタバイトを超えるテクスチャ

previous arrow
next arrow
Slider

今度のMicrosoft Flight Simulatorで描画されるテクスチャの容量は桁違いのようだ、その容量1PB級・・らしい。

Flight Simulator Xでも10GBくらいだっだと思うのでおおよそ10万倍くらいになる。なんせテラバイトの次の単位だから

このテクスチャは衛生写真とAZUREから生成されるらしい。

ではトレーラーを見てみよう

まだそれほど上がってはいないが圧巻なトレーラーを見てみてください。

ジェットエンジンから出る排熱まで描画されている点に気づいただろうか。今度のテクスチャは実物を超える。

シカゴの街からメイグスフィールドが・・・・。

PCスペック

この記事が投稿される直前にPCのスペックがマイクロソフトから発表された。

これがさすがというべきか、今のパソコンなら最小動作スペックはかる~くクリアしていると思う。ただビデオカードは必須なのでこのあたり出費が嵩むかも。

ただ他の3Dゲーム用のパソコンを既に使っているなら大方大丈夫みたい。

最小動作要件

AMD NVIDIA
CPURyzen 3 1200Intel i5-4460
GPURadeon RX 570NVIDIA GTX 770
VRAM2GB
RAM8GB
HDD150 GB
ネット接続帯域5 Mbps

推奨動作要件

AMDNVIDIA
CPURyzen 5 1500XIntel i5-8400
GPURadeon RX 590NVIDIA GTX 970
VRAM4 GB
RAM16 GB
HDD150 GB
ネット接続帯域20 Mbps

理想動作要件

AMDNVIDIA
CPURyzen 7 Pro 2700XIntel i7-9800X
GPURadeon VIINVIDIA RTX 2080
VRAM8 GB
RAM32 GB
HDD150 GB SSD
ネット接続帯域50 Mbps
OSWindows 10 Nov2019 update(1909)以降

総括

今度のMicrosoft Flight Simulatorは圧巻そのものといってもよい、この時点でまだ発売にはなっていないが、今年中には発売になるだろう。

私は高所恐怖症だがなぜかフライトシミュレーターは好きだ。戦闘機ものはやらないが優雅に空を飛び回れる自由のこの上ないこと。

だから普段ゲームというゲームはまずやらないがフライトシミュレーターだけは別だ。これはゲームというよりシミュレーション。

VRと連携がとれれば没入感半端ないのではと思うくらいハマりそう。

PlayPause
Slider

関連サイト

本家Microsoft Flight Simulator

E3紹介(GAMEWacth)

Microsoft Flight Simulator 2020 最新情報まとめ

関連動画

Microsoft Flight Simulatorのオフィシャルではないけど世界では関連した動画がアップされている。そのあたりちょっと紹介

日本語ではないがオフィシャルのALPHABUILDが紹介されている。

Airport Scenery Details – Microsoft Flight Simulator 2020