Windows 10 May 2019 Updateで搭載されたサンドボックスを起動してみた。そうしたら・・・

スポンサーリンク

こんにちわスピカです。

待ちに待った?「Windows 10 May 2019 Update」が5月21日に配信されたようで、自動アップデートを待っているといつになるかわからないため手動にてアップデートしました。

その体験記がこれ

実際我が家の家族のPCにはいまだ降りてきていません。

まあ焦るとろくなことにはならないためアップデートの必要性がなければホッておけばいいだけではと思ってしまう。

そんななかWindows 10 May 2019 Updateの目玉ともいわれるサンドボックス機能。

これって怪しいふるまいのアプリやソフトを隔離された環境下で実行し試してみることができる機能。

Avastのフリー版などでも利用できていたが最近ははずってしまったのでこういった機能が搭載されるのはありがたい。

早速、使えるようにインストール。

デフォルトではこの機能はインストールされていないので、インストールすることに

まずは「Windowsの設定」を呼び出して、呼び出し方がわからなかったらこちらを参考にして

そして「Windowsの設定」のメイン画面から「アプリ」をクリックする。すると下記のような表示になるので、右の上のほうに「プログラムと機能」があるのでそれをクリック。

すると新しいダイアログが開くので「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックする。

すると新に「Windowsの機能」のダイアログが開くのでスクロールバーを下げて、「Windowsサンドボックス」を見つける。

チェックボックスにチェックを入れて「OK」ボタンを押すと再起動されます。

サンドボックスの起動

スタートメニューからWindowsサンドボックスというのを探し、それをクリック。これから先何度も起動することがあると思うので、ピン留めをしておくとよい。

で起動させたのがこの画面

ユーザーアカント制御を「はい」として実行。

背景は気にしないでね、起動させると真ん中に菱形のアイコンが表示されたまま・・・

おかしいな、サンドボックスってこんなに起動に時間がかかるのかな。

5分程度したころだろうか、エラーメッセージが表示されて

どうやらエラーらしい。やっぱな・・こんな落ちだろうと思っていたけど・・

調べてみると

既知の問題として報告されているらしい。ただエラー番号がちょっと違うが・・

ということでフィードバック画面になったので今まで一度たりともフィードバックしたことなかったが怒りと諦めの気持ちを込めて送信してやりました。

次へ」ボタンを押す

さらに 「次へ」ボタンを押す

そして「送信」ボタン押す。サインインしなくても送れるようで・・

送り終わると「・・・・ありがとうございました」のダイアログが表示されて終了。

エラーメッセージが違う

今回のエラー番号は「0X800706d9」で新たな既知問題としているのが 「0x80070002」とどうやら根本原因が違うらしい。

さらに調べてみると

マイクロソフトのコミュニティーに問題提起している人が結構いた。

がどれも解決に至っていないようだ。

 

総 評

解決策が見つかったら追記するつもりだが、これもアップデートによるバグなのかもしれない。

スポンサーリンク
読んで役にたってもたたなくてもポチってね

読んで役にたってもたたなくてもポチってね(^^♪。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加