Win10の痒い所に手が届く。「.(ドット)」で始まる名前のフォルダ/ファイルはなぜ作れないの。いや作れます・・

スポンサーリンク

こんにちはスピカです。

あたまに「.(ドット)」がくるファイルってDOSのころから基本使用禁止でした。それはWindowsに至ってもそう。

なぜ作れないか

それは、「.(ドット)」を先頭にしたファイルというのはそれ自体が存在意義を持たなかったから。

DOSやWindowsでは「.(ドット)」よりあとの文字は拡張子としか判断しません。

拡張子って

拡張子とはOSがファイルの種類を識別するための識別子。

.(ドット)」より前がそのファイル固有の名称となるため。名無しファイルとなってしまう。

Unixの世界では

Linuxを始めフリーを含めたUnixの世界では基本拡張子としてシステム自体がそれに捕らわれることがないため。「.(ドット)」より左側に文字がなくてもなんの支障もありません。

ただ「.(ドット)」が最初にくるファイルは不可視属性と判断されます。ようは通常みえません的ファイルです。

Windowsではプロパティから全般タブの下のほうに「隠しファイル(H)」というのがありますが、機能はこれと同等。


じゃあ、 Windowsもそうしたら・・

WindowsはUnix系のOSと違いファイルの識別を拡張子で判断する仕様なためですがじゃあUnix系と同じにしてしまえば・・という意見もあると思います。

ですが、Windowsは過去の資産を大事にするOS。言葉を変えれば後方互換性を重視しています。

また。最近ではMacOSやLinuxなども拡張子を重視する傾向になってきており。OS全体としてみれば拡張子は今後も重視されると思われます。

そんな「.(ドット)」拡張子なんてファイル使わなければいいじゃん。

Windowsだけ使っている場合ならそれも可能でしょう。

ただ、今はインターネット全盛の時代、インターネットといえばHTTPやFTP等のサーバーとのやりとりもしないわけにはいきません。

CMSの代表格たるWordpressでは、「.htaccess」など設定ファイルをいじる必要性もあったりと、Windowsと他のOSとは親和性を保たなくてはならない時代になってしまいました。

先頭が「.(ドット)」ファイルやフォルダを作る

まずどこでもいいですが、今回は分かりやすいようにディスクトップ上で行います。

例としてディスクトップ上で右クリックして適当なファイルを作成します。今回はテキストファイルとします。

出来た「新しいテキスト ドキュメント.txt」の「.(ドット)」から前の「新しいテキスト ドキュメント」を削除してみましょう。すると

エラーとなり続行不可能です。

じゃあどうするか

新しいテキスト ドキュメント.txt」の最後尾に「.(ドット)」を追加したのち、本来のファイル名「 新しいテキスト ドキュメント 」を削除します。

すると


拡張子を変更すると使えなくなる可能性の警告メッセージがでます。

はい」ボタンを押すと

名無しテキストファイルが出来上がりました。

手順はどちらが先でもよい

上記では、先に「.(ドット)」を入力したのち、「新しいテキスト ドキュメント」を削除していますが、これが逆でも大丈夫です。

フォルダもファイルと同様

ディスクトップ上で右クリックしたのち新規作成でフォルダを作成します。これを先頭に「.(ドット)」がくるフォルダに変更します。

ファイルと同じように、名前のところで右クリックして名前の変更をクリックするか、ファイル名のところで感覚を空けて2回クリックすると名前のところが編集できます。

前後に「.(ドット)」を入れてやれるとファイルのときとは違い名前の変更警告メッセージも出ずに変更ができます

分かりにくいけど、「.(ドット)」が先頭に入っていますよね。完成です。

先頭が「.(ドット)」のファイルやフォルダってどんな時使うの

じゃあ、この先頭が「.(ドット)」のファイルってどんな使い道があるのでしょうか。Windowsだけをメインに使っている環境では使い道はまずありません。

ただ単に使いづらいだけです。また対応していないアプリやソフトもある可能性もあるためWindows環境ではまず使うことはありません。先頭に「.(ドット)」を付けたからといってWindowsでは隠しファイルにはなりません。

あくまでもUnix系OSの場合だけです。

フォルダに至ってもしかりWindowsでははただ使いにくいだけです。

ファイル名やフォルダ(ディレクトリ)名に制限がないUnix系OSだからできること。

まとめ

先頭に 「.(ドット) 」が来るファイルやフォルダの作りかたを紹介しましたが、結果Windows環境では使い道がまずないということ。

インターネットサーバーはUnix系がほとんどなためUnix系との親和性のためサポートしたと考えられます。

それを証拠にDOSの時代はまずこういったファイルは作れませんでした。


先頭に「.(ドット 」 が来るファイルはUnix系との親和性のためであり、フォルダについても同様であると同時にWindowsでは検索されにくいという特徴があるようです。

ただこれも考え方次第ですが。まあ知識として知っておけばよいのではないでしょうか。



スポンサーリンク
この記事にあなたの一票を

読んで役にたってもたたなくてもポチってね(^^♪。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加