Windows10のかゆいところに手が届く。テキストファイル内の複数単語、一括置換

スポンサーリンク

こんにちわスピカです。

テキストファイル内の複数ある単語の一括置換ってどうやってます?

長年、メモ帳の置換で一個一個ご丁寧にやっていた吾輩・・

2,3個程度ならよいが、10個以上となると気力が続かない・・

探してみると

複数テキストファイル内の1単語について一括置換は結構見られたが、1ファイル内において複数文字列を一括置換する方法って意外となかった。

当然、Windowsのデフォルト機能でもこのあたりはない。Powershellあたりで自力でスクリプトを組めば出来なくもなさそうだが。・・

めんどくさがり屋の吾輩はフリーソフトの詮索に入った。

そこで見つけたのがこれ

MultiReplace

めちゃくちゃ多機能だけど

これ使い始めてビックリしたが、1ファイル内の複数置換だけでなく

  • 起動時にMultiReplaceのアイコンに直接ファイルをドロップ可能。
  • 複数のファイルをドロップし、一括処理が可能
  • クリップボードからの読み込み対応。

等々、至れり尽くせり

とりあえず最低限の使い方を伝授

まあ多機能なのはいいが使いがってが悪いのでは使い物にならない。

実際例をあげてやってみた

まずは置換リスト(赤枠)へダイレクトに記入

記入の仕方は「返還前/返還後」という具合に/を入れて区切る。

とりあえず、試しに入れたのが下記

そいしたら、テキストファイルを「ここへドロップ」と書かれたところにファイルをドロップする…(ドロップとはファイルをマウスの左ボタンでつまみ、その場所へ落とすこと)

すると四角い枠のように表示され(今回の場合新しいテキストドキュメントという名前のファイルを使った)

そして右の「置換」ボタンをクリックすると、そのファイルのあったフォルダに、(置換済)が付加されたファイルができる

新しいテキスト ドキュメント.txtの中身がこれ

新しいテキスト ドキュメント(置換済).txtの中身がこれ

一回の処理で複数文字列が置換されているのがわかる。

これって超便利。

総 評

Windows10のデフォルト機能でこういった複数文字列一括置換機能はエクスプローラのなかではないと思います。

Windows10のユーティリティーはバージョンを重ねることで充実してきていますが、やはりサードパーティー制に頼らなくてはならないのも事実です。

MultiReplaceの機能のほんの一端を紹介しました。このソフトは使い方によってはまだまだ便利になると思います。

テキストファイルではデータベース系のCSVファイルの文字列置換などは重宝するのではないでしょうか。

スポンサーリンク
この記事にあなたの一票を

読んで役にたってもたたなくてもポチってね(^^♪。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加