レジストリエディタの起動の仕方

レジストリはWindowsのOSとしての要、様々な情報がここに詰まっています。

そのレジストリファイルはバイナリなため、通常のエディタでは修正や追加、削除はできません。

そのためレジストリには専用のエディタが用意されています。

その名は、レジストリエディタ。そのままですね。

このレジストリエディタを起動させるためには、いくつか方法があります。が、わかりやすくするためここでは基本的なひとつのみ記します。

レジストリエディタの起動方法

スタートメニューを右クリックして「ファイル名の実行」をクリック。

テキスト欄に「regedit」と入力。

OKボタンを押すとレジストリエディタが起動します。

あとは必要に応じて項目に移動してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加